四十肩・五十肩

甲府市のみなさま、こんにちは。甲府市の整体・整骨、くぼた整骨院です。
 
「腕を上げようと思ったら、痛みが激しすぎて上げられなくなった」なんて経験ありませんか?
 
おそらくそれは、四十肩・五十肩でしょう。その名の通り、四十歳・五十歳過ぎると起きやすくなるものです。
 
具体的には、こんなことに思い当たる節があれば、あなたは四十肩・五十肩でしょう。
 
四十肩

  • 腕が上がらなくなっていきている
  • 上着を脱ぐとき、腕が痛い
  • 手が後ろに回らなくなった
  • 睡眠時、肩が痛くて眠れない etc

 
この四十肩・五十肩は、肩を酷使する人、もしくはあまり肩を使わない人がなりやすいです。
 
かなりの痛みを感じる四十肩・五十肩、今回はこの仕組みと対処法についてお話ししましょう。
 

四十肩・五十肩の仕組み

そもそも四十肩・五十肩は、「肩関節の痛み」または「動きの制限(可動域の制限)」を伴う状態の総称。肩の使い過ぎ、もしくは使わなすぎて弱まった結果、肩関節とその周辺部分に炎症を起こしてしまい、痛みが出ています。
 
炎症に伴う痛みによって、筋肉や関節がガチガチに硬縮してしまってもいます。
 
四十肩・五十肩を対処するには、この炎症と筋肉・関節の硬縮、2つにアプローチしないといけないのです。
 

四十肩・五十肩の3ステージ

四十肩・五十肩は3つのステージに分かれていて、そのステージ毎で適切な処置の仕方が変わってきます。
 

  • 急性期・炎症期(痛みが強く現れるステージ)
  • 慢性期(急性期よりは良いが、まだ痛みが出る)
  • 回復期(痛みは治まったが、可動域が小さい)

 
施術の流れまず急性期・炎症期は、一番痛みを感じる時期です。広い範囲に痛みを感じ、じっと安静にしていたり、夜寝ていても痛みがあります。腕は痛くて上げられないでしょう。
 
慢性期はそれより良くなってはいますが、まだ肩を動かすと痛みが出たり、腕が上がりにくかったりします。
 
回復期は、痛みはほとんと感じないのですが、まだ肩の可動域は制限されている状態です。
 
この3ステージのどこにいるのか見極めるのが、非常に重要になってきます。
 

四十肩・五十肩の施術

それでは、くぼた整骨院では、四十肩・五十肩の患者様へ、どのような施術を行うでしょうか?
 

①ステージのどの段階か見極める検査

まず重要なことは、あなたがどの段階にいるか見極めることです。ステージ毎に適切な処置があり、回復期の処置を急性期に行ってしまうと逆効果なので、冷静な見極めが必要です。
 
痛みの感じ・動き方・どれくらいに発症したかなどをチェックして、ステージを確認します。

 
②炎症を抑える

もし急性期であることがわかったら、まずは炎症を抑えることを行います。炎症が治まらないと痛みがなくなりません。
 
電気治療・低周波治療・冷治療などを組み合わせて、患部の腫れ・炎症を抑えていきます。

③硬縮を緩める

炎症が治まったら、今度は筋肉・関節の硬縮を緩める施術を行います。
 
手技をメインにした施術で、筋肉の奥の固まりにアプローチして、柔らかい筋肉・関節に戻していきます。

 
四十肩・五十肩は一朝一夕で起こる症状ではありません。それまでの生活習慣で、ジワジワと肩に溜まっていったものが爆発しておこりようなものです。
 
とにかく蓄積が大きいので、痛みも大きいですし、完治するまでに、半年や1年位かかるとも言われています。
 
しかし四十肩・五十肩は早めに対処を始めておけば、回復するまでの期間は短くなっていきます
 
もしあなたがこの症状でお困りなら、くぼた整骨院にお任せください。ツラいその痛みを、一緒に退治していきましょう!


四十肩五十肩最新記事

●症状別記事

当院へのアクセス情報

住所〒400-0845 山梨県甲府市上今井町1250
電話055-234-5455
連絡・予約