むちうち症

甲府市のみなさま、こんにちは!くぼた整骨院です!
 
むちうち症」聞いたことありますでしょうか?
 
交通事故などにあってしまった人が、首にギプスをしていることがありますよね。あれは、むちうち症になってしまっているのです。
 
ですから、むちうち症=交通事故という印象があるのですが、実は事故にあっていない人でも、むちうち症に近い状態になっている人が意外と多いです。
 
今回は意外と知られていない、むちうち症に関するお話をさせていただきましょう。
 

むちうち症って何?

ではそもそも、むちうち症って、どのようなものでしょうか?
 
むちうち症はその言葉の通り、身体が鞭(むち)のようにしなるような衝撃を受けて起こる症状です。
 
交通事故などの急な衝撃で身体が鞭のようにしなり、頭が勢いよく揺さぶられ、それで首に大きな負担がかかり、首およびその周辺に不調が出てくる。これがむちうち症です。
 
むちうち症には、3つの不調がありえます。
 

①炎症

大きな衝撃で、首・筋肉に破損が起こり、炎症が起きている

 

②硬縮

筋肉に大きな衝撃があったためびっくりしてしまい、筋肉が硬く硬く固まってしまう

 

③骨のゆがみ

大きな衝撃で、首の骨がゆがんでしまう

 
この3つの合わせ技である可能性が高いのが、むちうち症なのです。
 

事故に合ってないのに、むちうち?

さて冒頭に挙げました通り、事故にあっていないのにも関わらず、むちうち症になってしまっている人がいます。
 
これが姿勢の悪さに起因するものです。
 
姿勢が悪いために首・肩に負担がかかり続け、そのためのケアをしていないので、首の骨がゆがみ続けている・筋肉が硬縮し続ける。その結果、ちょっとした首の動きで筋肉が損傷し、炎症が起きる。
 
そうして軽いむちうち症になってしまうのですね。日々の身体のメンテナンスの重要性がわかる瞬間です、
 

むちうち症を対処するには

それでは、むちうち症になってしまったら、どのような対処をするべきでしょうか?
 
症状と原因がわかっているので、それに1つ1つ対処していけば良いのです。
 
 
①炎症を抑える

まずは炎症を抑えることが一番。これを行わないと、痛みがどんどんヒドくなると思います。
 
電気治療・低周波治療を行い痛み物質を流しつつ、冷治療で炎症を抑えていきます。

 
 
②筋肉の硬縮を緩める

首肩の、非常に強く固まった筋肉の硬縮を緩めていきます。
 
むちうち症の場合、驚くほど硬く、そして身体の奥まで硬縮していることが多いので、丁寧にそしてじっくりと緩めていきます。

 
 
③骨のゆがみを矯正する

また必要な場合は、首の骨(頸椎)のゆがみも調整していきます。
 
軽いゆがみであれば、筋肉を緩めていくと自然に調整されていくのですが、ひどいゆがみの場合は矯正が必要がことがあります。
 
痛みなく、一瞬で終わる施術なので、ご安心ください。

 
以上がむちうち症の仕組みとその対処法です。
 
もしかしたら、「あれ、私もしかしたら・・・・」なんて自覚があったりしますか?
 
もしそんなことがあれば、一度当院にお身体見せてください。
 
身体の状態を確認して、問題があるようであれば、一緒に改善していきましょう!


むちうち症最新記事

●症状別記事

当院へのアクセス情報

住所〒400-0845 山梨県甲府市上今井町1250
電話055-234-5455
連絡・予約