腱鞘炎

甲府市のみなさま、こんにちは!くぼた整骨院です。
 
手首に不具合を感じる人、非常に増えています。
 
これは腱鞘炎で悩む人が増えている証拠で、手首に負担をかける生活を送る人が多いということです。
 
具体的に言うと、こんな悩みを抱えている人が多いです。
 

  • パソコン仕事が多く、手首が痛くなった
  • 赤ちゃんを抱っこしていたら、手首が痛い
  • 毎日料理しているだけで、手首に不調を感じる
  • 部活で手首を使うので、痛みが出て来た
  • スマホ・携帯の使い過ぎか、手首が痛い etc
    •  
      などなど。
       
      私の実感としましては、5年前と比べると腱鞘炎で悩んでいる人が多いと思います。そして手首の痛みが「当たり前」に感じる人も多いように思います。
       
      しかし「痛みがある」ということは、不具合があることの証拠です。早く対処しておかないと、別の大きな問題につながることもあります。
       
      今回は腱鞘炎の仕組みと、その対処施術についてお話しましょう。
       

      腱鞘炎にどうしてなるの?

      腱鞘炎は手首に痛み・不調が出る症状です。その名称から「炎症」であると思っていらっしゃる方も多いですが、実は炎症でない場合も多いです。
       
      最近の傾向として、パソコンの使い過ぎや赤ちゃんの抱っこなどで、腕・二の腕の筋肉を酷使することが多くなってきています。
       
      そして筋肉が硬縮して、血流が悪くなり、疲労物質・老廃物が蓄積して手首に痛みがでている、いわば「疑似」腱鞘炎につながるのです。
       
      もちろんスポーツを熱心にしている方であれば、本当に手首に炎症を起こしていることがありうるのですが、そうでない場合の方が多いのが実情です。
       
      意外とシンプルなのが腱鞘炎なのです。
       

      腱鞘炎への対処

      それでは腱鞘炎に対して、くぼた整骨院ではどのような施術を行っているのでしょうか?
       
      筋肉の硬縮を緩める

      腕・二の腕の筋肉の硬縮がその痛みの原因である可能性が非常に高いので、ここの筋肉を緩めていくことが必須です。
       
      特に「腕」というのは普段ケアを行うことが少ない部位なので、「え、こんなに凝ってたの?」と驚く方が多いぐらい疲れています。
       
      しっかりと緩めましょう。

       
       
      ファイテン商材で一歩進んだ施術を

      また手や腕に、ファイテン商材を塗布しつつ施術を行うことで、より高い効果を期待できます。
       
      チタンクリームなどが特に効果的で、当院でもよく利用しています。

       
       
      もちろん完全に炎症であることがわかれば、最初は湿布や低周波治療などで炎症を抑えてから、筋肉へのアプローチをしていきますが、8割ぐらいの方は、実際には炎症ではないです。
       
      しかし手首に痛みを感じるのは事実でしょう。そこに違和感を感じると、力が入りませんし、集中できません。
       
      くぼた整骨院では、そんな腱鞘炎・手首の痛みに対して、「根本的な施術」を行っていきます。
       
      甲府市でそのようなお悩みをお持ちの方は、当院にお任せください!


      腱鞘炎最新記事

      ●症状別記事

      当院へのアクセス情報

      住所〒400-0845 山梨県甲府市上今井町1250
      電話055-234-5455
      連絡・予約