関節の痛み

関節痛
 
甲府市の皆様、こんにちは!くぼた整骨院です。
 
肘や膝などの関節に不具合を感じたことありますか?具体的にはこんな感じです。
 

  • 立ち上がるときに、膝が痛い
  • 階段を昇るときに、膝が痛い
  • モノを持ち上げると、膝が痛い
  • パソコンを使うと肘が痛い
  • 家事をしていると肘が痛い
  • 子供とあやしてると肘が痛い

 
などなどです。
 
関節の痛みというと、ある程度年齢をいった方がなるという印象かもしれません。
 
しかし実はそんなことはなく、若い人、特に学生も関節を痛めることがあります。
 
そして、年齢いった方がなる関節の痛みと、若い方がなる関節の痛みは、原因が違います。
 
今回はそんな「関節の痛み」に関してご説明いたします!
 
 

2つの関節痛

そういったわけで、関節痛には2つあります。
 
 
①年齢がいった方の関節痛

肘や膝などの関節には、「軟骨」というものがあります。関節というのは、骨と骨がつながっている部分で、この骨と骨がぶつかり合うことを防いでるのが、軟骨です。
 
この軟骨というのは、使えば使うほど、すり減っていきます。つまり年齢を重ねれば重ねるほど、軟骨は減るので、骨を守るものがなくなっていきます。
 
そうすると関節部分に負担がかかり、炎症になったり痛みが出てくるのです。
 
しかもこの軟骨は一度すり減ると回復するものではありませんので、以下に関節に負担を減らすかが重要になってきます。

 
 
②若い人の関節痛

若い人がなる関節痛は、上記のようなものとは違います。部活・運動を行うことで、関節を囲む筋肉が硬縮し緊張することで関節に負担をかけ、痛みが出てしまうようなものです。
 
ついつい頑張ってしまいがちな若人だからこそ起こる関節痛です。

 
 

関節痛を改善するには、どうする?

それではそんな関節痛を、どのように施術をしたら良いでしょうか?
 
実はこの2つの関節痛、対処法は同じなのです。
 
それは「筋肉を緩める」ということです。
 
肘であれば、・二の腕の筋肉(場合によっては手)の硬縮を緩めていきます。
 
膝であれば、ふともも・ふくらはぎの筋肉((場合によっては足)の硬縮を緩めていきます。
 
若い人の関節痛は、もともと筋肉の硬縮が原因なので、この方法が痛みの解消に直結することはわかるのですが、なぜ軟骨の減少による関節痛にも良いのでしょうか?
 
それはこの筋肉を緩めることで、関節の骨と骨がぶつかり合うような状態まで近づけないようにできるためです。
 
一度すり減ってしまった軟骨は戻らないので、また関節に痛みが出ることがありますので、その度に施術を受けていただいた方が良いと思います。
 
 
あなたは今、関節に不調を感じていませんか?その不調はきっと良くなると思います。
 
まずはくぼた整骨院にいらしてください。状態を確認して、最適な施術を行っていきましょう!
 
※肘の痛みには、野球肘・テニス肘などもあります。それはまた別の機会に説明させていただきますね。


症状別コラム // 関節痛最新記事

●症状別記事

当院へのアクセス情報

住所〒400-0845 山梨県甲府市上今井町1250
電話055-234-5455
連絡・予約