自律神経失調症よオサラバ!

甲府市のみなさま、こんにちは!くぼた整骨院です!
 
「自律神経失調症」、聞いたことありますか?なんか名称の印象的に「心の問題」として認識してしまったり、本とかで心の問題っぽく書かれていたりすることがありますが、そうではありません。
 
自律神経という神経が上手く働かない、身体的な問題です。心の問題ではありませんので、ご安心ください。
 
以下のようなことで悩んでいる方は、自律神経失調症の可能性が高いです。
 
自律神経

  • 寝ても疲れが取れない
  • 常に身体が重だるい
  • 昼間に眠さがくる
  • 夜ちゃんと寝付けない
  • 集中力がもたない
  • イライラしやすい

 
などなど。特に、季節の変わり目や低気圧の時などに上記お悩みが出るようであれば、自律神経の問題だと思います。
 
元気な日常が送りにくくなる自律神経失調症、はたしてそれはどうすれば解消できるのでしょうか?
 
少し説明をさせてください!
 
 

自律神経ってなに?

まずは自律神経について、お話しましょう。
 
自律神経とは

末梢神経の一つ。意志とは無関係に作用する神経で、消化器・血管系・内分泌腺・生殖器などの不随意器官の機能を促進または抑制し調節する。交感神経と副交感神経とからなる。

 
消化器・血管系・内分泌腺の機能を促進・抑制するのがこの自律神経。意思(心)とは無関係なのですね。
 
上記で説明されている2つの神経である、交感神経と副交感神経。これらは重要な役割を持っています。
 

交感神経 → この神経の興奮が外界からのストレスに対する反応としての広範な身体部位の反応(全身皮膚の立毛現象,血圧上昇など)を招く
 
副交感神経 → 交感神経に対して拮抗的な作用を示す。副交感神経は生体内にエネルギーを蓄積する方向で作用する。

 
ちょっと難しいので、かみ砕くと
 
交感神経は、身体を活動させようとする神経
 
 
副交感神経は、身体をリラックスさせようとする神経
 
ということです。
 
 

副交感神経がうまく機能しない!

昼間に交感神経が働き、夜に副交感神経が機能するのが正しい状態。
 
しかし副交感神経が昼間の時間に機能したら・・・
 
昼間なのに眠いし、眠いので身体がだるい。集中もできないでしょうし。疲れもとれない。
 
副交感神経が正しく機能しないのが、自律神経失調症なのです。
 
副交感神経を正しく機能させていくことが、一番良い対策なのです!
 
 

自律神経失調症を正す施術とは

さて治療院では、どのようにして自律神経失調症と向き合うのでしょうか?
 
答えは、身体を緩めるということです。
 
 
①頭へ血行を流す

自律神経失調症の方に共通なのは、全身の血行が良くないことです。
 
その中でも特に頭への血流がとにかく悪くなっています。
 
首肩などを丁寧に緩めることで、頭に血液を流していきます

 
 
②背中を緩める

また自律神経は背中に多く集まっています。背中の筋肉の硬縮が自律神経に悪い影響を与えている可能性があります。
 
だから背中を丁寧にゆるめることで、自律神経が正しく機能するようにうながしていきます。

 
 
③ファイテン!

ファイテン商材には、自律神経を整えるサポートをしてくれるものが多いです。
 
それらの商材を塗布しつつ施術をするので、効果を実感しやすいと思います。

 
 
自律神経失調症は、時間をかけてなっていくことが多いです。それだけ元に戻していくのに時間はかかりますが、しっかりと整えることのできる症状です。
 
もし毎日普通に生活しているだけなのに、「なんか身体がおかしいな」と感じるのであれば、ぜひくぼた整骨院の施術を受けてみてください。身体が変化していくかもしれませんよ!


症状別コラム // 自律神経失調症 // 頭痛最新記事

●症状別記事

当院へのアクセス情報

住所〒400-0845 山梨県甲府市上今井町1250
電話055-234-5455
連絡・予約