6月多かった症状は・・・・②

sijuukata甲府市のみなさま、こんにちは!整体・整骨のくぼた整骨院です。
 
もう7月も終わりになってしまいましたが・・・ 6月に多かった症状②についてお話させてください。
 
6月に一番多かった症状は、頭痛でした。詳しくはこちら
http://kubota-shine.com/20140709/
 
それではそれに次ぐ症状は・・・・
 

ぎっくり腰・寝違え

 
です。腰と首、全然違う箇所だと思われるかもしれませんが、この2つはある共通点があります。
 

ぎっくり腰と寝違えの共通点

ぎっくり腰と寝違え、この2つの共通点は、「急に起こる症状と誤解されている」ということです。
 
・ぎっくり腰は、急に腰に激痛が走る
・寝違えは、寝て起きたら、急に首が回らなくなった
 
こう思う人が多いんですが、これは間違いです。もともと予兆はあったと思います。
 
ぎっくり腰も寝違えも、正確にいえば「それまで蓄積した疲労が爆発して起きた」症状です。
 
ぎっくり腰なら、腰にジワジワジワジワと疲労が溜まっていました。
 
寝違えなら、首肩ににジワジワジワジワと疲労が溜まっていました。
 
それがあるキッカケで爆発したに過ぎないのです。
 
そのキッカケというのが、「低気圧」だったんですね。
 

低気圧になると、身体が緊張する

gansei低気圧が来ると、人の自律神経が乱れてます。特に起こりやすいのが、「交感神経が優位に立ちやすくなる」ということです。
 
そうすると身体に緊張が走ります。自分ではわからないかもしれないのですが、身体に緊張が走っています。
 
ジワジワと疲労が蓄積されている状態で、身体に緊張が走っている。そしてちょっと身体を動かそうとしたら・・・ グキッとぎっくり腰に。
 
普通に寝ていただけと思ったら、首に負担が掛かっていて、曲がらなくなって寝違えになって。
 
これが6月に、ぎっくり腰と寝違えが多かった理由ですね。
 

日々の身体のケアが重要

というわけで、ぎっくり腰や寝違えというのは、起こってしまったら激痛になることが多いので、なるべくなら「予防」を目指した方が良いと思います。
 
腰や首に疲労を蓄積せずに、身体に緊張が走りやすい時期に来たとしても爆発しないような状態にしておくということです。
 
なので身体のケアというものが必要になってきます。
 
特に最近は、パソコンとスマートフォンの普及で、首と腰に疲労が溜まりやすくなっています。
 
台風が来ても爆発しやすくなりますので、この夏も、ぎっくり腰・寝違えに気を付けてください!


ぎっくり腰最新記事

●症状別記事

当院へのアクセス情報

住所〒400-0845 山梨県甲府市上今井町1250
電話055-234-5455
連絡・予約